東北道の菅生PAがリニューアルオープン

自動車 社会 行政

NEXCO東日本は25日、東北自動車道菅生パーキングエリア(PA)上り線にフードコートをリニューアルオープンした。同PAでは商業施設をリニューアルしており、その第1弾として、今回フードコートをオープンすることになった。

フードコートは4つのブースからなっていて、地元宮城のこだわり卵「竹鶏物語」を使用する『卵専科・竹鶏物語』をはじめ、『牛たん麦めし屋 梵天丸』、『中華厨房 炎』、『和食処 けやき』が店を構えている。

7月中旬には、菓匠三全の『萩の月』や喜久水庵の『喜久福』などの地元銘菓や、宮城県が進める「食材王国みやぎ」の特産品などを取り揃えるショッピングコーナーがオープンする。

さらに8月上旬には、自家製の焼きたてベーカリーコーナー『みやぎ蔵王の恵み豊かなパン工房』がオープンし、店舗全体を一新してグランドオープンする予定になっている。

同社では、高速道路型の大型商業施設「Pasar(パサール)」ブランドの展開に加えて、地域の拠点エリアにおけるリニューアルを積極的に進めており、東北地方では菅生PA上り線のリニューアルが第1弾となる。
《山田清志》

編集部おすすめのニュース

特集