ポルシェ 911カレラ4 価格発表…7月1日受注開始

自動車 ニューモデル 新型車

ポルシェ 911カレラ4 価格発表…7月1日受注開始
  • ポルシェ 911カレラ4 価格発表…7月1日受注開始
  • ポルシェ 911カレラ4 価格発表…7月1日受注開始
  • ポルシェ 911カレラ4 価格発表…7月1日受注開始
  • ポルシェ 911カレラ4 価格発表…7月1日受注開始
  • ポルシェ 911カレラ4 価格発表…7月1日受注開始
ポルシェジャパンは、新型『911カレラ4』シリーズの受注を7月1日から受け付けると発表した。

ニュー911カレラ4シリーズは、ダイレクト・フューエル・インジェクション(DFI)とダブルクラッチ式のトランスミッション「ポルシェ・ドッペルクップルング(PDK)」に加えて、新しい電子制御方式の4WDシステムを搭載した第2世代タイプ997の4輪駆動モデルとなる。

4WDモデルは、出力が最大8.5%向上する一方で燃料消費量は12.9%抑えられており、CO2排出量も15.4%低減した(EU準拠)。特に3.6リットルモデルの最高出力は先代モデルの出力よりも20PSアップの345PSを発揮する。また、カレラ4クーペのPDK仕様車では、走行距離100kmあたりの燃料消費量を、10.1リットルに抑えた。カレラ4Sも同様に、最高出力は先代モデルを30PS上回る385PSを達成しながら、燃費を改善した。

また、新世代のカレラ4とカレラ4Sには、従来のビスカスカップリング方式のマルチプレートクラッチを備えた4WDシステムに代わり、電子制御式のポルシェ・トラクション・マネージメントシステム(PTM)を採用した。このシステムは『911ターボ』のために開発されたものだが、改良して911カレラ4の各モデルに採用。これに加えて機械式のリミテッド・スリップ・リアディファアレンシャルも標準装備した。

トランスミッションは、スポーティな 6速マニュアルトランスミッションを搭載したモデルのほか、従来のオートマチックトランスミッション「ティプトロニックS」に代わる「ポルシェ・ドッペルクップルング(PDK)」を搭載したモデルを設定する。PDKは、素早いシフトチェンジと優れた燃費性能が特徴で、7速のギアを電子油圧制御して、駆動力が途切れない。

このほか、新世代の911シリーズは、リアのライトユニットにもLEDを採用、ダイナミックコーナリングライトも911カレラシリーズに引き続きオプション設定する。LED式のテールライトの間にはリフレクタートリムを採用、リアエンドをダイナミックな仕上がりにしている。

今回価格発表のこれらのモデルには、クラリオン製カーナビゲーションシステムを標準装備している。

価格
●911カレラ4S カブリオレ 7速PDK 左/右:1735万円
●911カレラ4Sクーペ 7速PDK 左/右:1572万円
●911カレラ4Sクーペ 6速マニュアル 左:1497万円
●911カレラ4 カブリオレ 7速PDK 左/右:1520万円
●911カレラ4 クーペ 7速PDK 左/右:1359万円
●911カレラ4 クーペ 6速マニュアル 左:1284万円
《レスポンス編集部》

編集部おすすめのニュース

特集