日産ルノーのインド工場が起工式…新型Aプラットフォーム

自動車 ビジネス 企業動向

日産ルノーのインド工場が起工式…新型Aプラットフォーム
  • 日産ルノーのインド工場が起工式…新型Aプラットフォーム
  • 日産ルノーのインド工場が起工式…新型Aプラットフォーム
  • 日産ルノーのインド工場が起工式…新型Aプラットフォーム
日産自動車と仏ルノー社のインドでの合弁企業であるルノー・日産オートモティブ インディア社(RNAIPL)は6日、インドのチェンナイ市で2010年に稼働開始予定の新しい乗用車工場の起工式を行った。

同工場の生産能力は年間40万台となる見込みで、日産、およびルノー両社の現地販売、および輸出向けの車両を生産する。

RNAIPLは日産とルノーの折半出資で設立した生産工場で投資額は450億ルピー(約1215億円)以上。

RNAIPLの木村昌平社長は「今回の新プロジェクトは、ルノー・日産アライアンスの成功の好事例であり、またインドという重要な市場において、RNAIPLの長期成長戦略を明確に示している」と述べた。

ルノーは、同工場でダシア『ロガン』専用プラットフォームを含む複数のプラットフォームをベースとした数種類のモデルを生産する予定。これらのモデルはインド市場でロガンの成功を基にインドの顧客の多様なニーズに対応して開発する。

日産は、次期型『マイクラ』(日本名『マーチ』)を含む、新型のAプラットフォームをベースとしたモデルを生産する。インドは新型Aプラットフォームモデルを生産する競争力のある国(LCC)5か国の内の1つとなる。競争力のあるAプラットフォームの開発は、同社の新5か年経営計画「日産GT 2012」で発表されたビジネス・ブレイクスルーの1つに位置づけられている。
《レスポンス編集部》

編集部おすすめのニュース

特集