後席シートベルト着用を呼びかけ 高速道SA

エコカー 燃費

NEXCO中日本・名古屋支社は、5月31日と6月1日に「後部座席シートベルト着用キャンペーン」の一環として、伊勢湾岸自動車道・刈谷ハイウェイオアシスなどで後部座席シートベルト着用の呼びかけを行う。

実施場所は、伊勢湾岸自動車道・刈谷ハイウェイオアシス、東名高速道路・上郷SA、名神高速道路・養老SA、中央自動車道・恵那峡SAの4か所。

NEXCO中日本はシートベルトをはじめとする自動車部品メーカーである東海理化と共同で、5月1日 - 6月30日の2か月、「後部座席シートベルト着用キャンペーン」を実施、SAやPAでポスターを提示するなど、交通安全啓発活動を行っている。今回の呼びかけはその一環。

後席のシートベルトの未着用の場合、後席だけでなく、ドライバーや助手席などにも被害が及ぶことがあることは、JAFのウェブサイトのユーザーテストなどでも実証されている。
《編集部》

編集部おすすめのニュース

特集