三井住友海上グループ、持ち株会社にグループ会社の株式を集中

自動車 ビジネス 企業動向
三井住友海上グループホールディングスは、三井ダイレクト損害保険、三井住友海上きらめき生命保険、三井住友海上メットライフ生命保険のグループ3社の株式を取得すると発表した。

三井住友海上グループホールディングスは、金融持ち株会社で、100%子会社の三井住友海上が保有する三井ダイレクトなどグループ3社の株式を持ち株会社に移管する。

持株会社がグループ各社の株式を保有することで、グループ事業推進体制を整備し、迅速な事業運営とシナジーの発揮を目指す。

株式の移管は7月1日に実施する予定だ。
《レスポンス編集部》

編集部おすすめのニュース

特集