アウディ、エンジン・オブ・ザ・イヤーの1.8-2.0部門で1位

エコカー 燃費
アウディ、エンジン・オブ・ザ・イヤーの1.8-2.0部門で1位
  • アウディ、エンジン・オブ・ザ・イヤーの1.8-2.0部門で1位
  • アウディ、エンジン・オブ・ザ・イヤーの1.8-2.0部門で1位
アウディは、アウディ製の「2.0ターボFSI」エンジンが、「インターナショナル・エンジン・オブ・ザ・イヤー」において4年連続で「1.8 - 2.0リットル」部門の1位に選出されたと発表した。

アウディは、ガソリン直噴とターボチャージャーを量産エンジンに組み合わせた世界初のメーカーで、2.0TFSIは、2004年にアウディ『A3スポーツバック』に初めて搭載した。以来、さまざまなモデルに搭載しており、搭載モデルの販売台数は100万基を超えている。

アウディ製2.0TFSIエンジンについて、インターナショナル・エンジン・オブ・ザ・イヤー選考委員会は、「本カテゴリーにおける効率性とパフォーマンスのベンチマーク」、「さまざまな異なるモデルに搭載するための正しいソリューションを備えた、極めて柔軟性の高いエンジンの素晴らしいサンプル」と評価したとしている。
《レスポンス編集部》

編集部おすすめのニュース

特集