ダイハツがトップ、前年比4.4%増…4月ブランド別軽自動車販売

全国軽自動車協会連合会が発表した4月のブランド別軽自動車新車販売台数によると、ダイハツは新型『タント』が好調で、前年同月比4.4%増の4万7403台となり、シェアトップを堅持した。スズキは同0.4%増の4万5900台と微増だった。

自動車 ビジネス 企業動向
ダイハツがトップ、前年比4.4%増…4月ブランド別軽自動車販売
  • ダイハツがトップ、前年比4.4%増…4月ブランド別軽自動車販売
全国軽自動車協会連合会が発表した4月のブランド別軽自動車新車販売台数によると、ダイハツは新型『タント』が好調で、前年同月比4.4%増の4万7403台となり、シェアトップを堅持した。スズキは同0.4%増の4万5900台と微増だった。

ダイハツ、スズキ以外は全ブランドがマイナスとなった。ホンダは同20.7%減の1万4103台と大幅マイナスだった。販売活動が『フィット』に重点が置かれ、『ライフ』がモデル末期なため、低迷している。

軽自動車生産からの撤退を発表したスバルは同4.9%減の8777台だった。シェア5位は日産で同5.9%減の8703台、6位は三菱自動車で同12.7%減の7398台と大幅マイナスだった。マツダは同10.2%減の3541台にとどまった。
《レスポンス編集部》

編集部おすすめのニュース

特集