【IRL】オフィシャルカーにホンダの燃料電池車

モータースポーツ/エンタメ モータースポーツ
【IRL】オフィシャルカーにホンダの燃料電池車
  • 【IRL】オフィシャルカーにホンダの燃料電池車
  • 【IRL】オフィシャルカーにホンダの燃料電池車
  • 【IRL】オフィシャルカーにホンダの燃料電池車
  • 【IRL】オフィシャルカーにホンダの燃料電池車

ホンダは、新型燃料電池車『FCXクラリティ』が、ツインリンクもてぎで4月17 - 19日に開催される「2008IRL インディカー・シリーズ第3戦ブリヂストン・インディジャパン300マイル」のオフィシャルカーとして採用されると発表した。

インディカー・シリーズ(IRL)では、2007年から燃料に環境負荷が低い100%エタノールを採用しており、今回のINDY JAPANでは「水素」という再生可能なエネルギーで走行し、CO2などの環境負荷物質ゼロで水しか排出しない究極のクリーンカーである燃料電池車を、オフィシャルカーとして採用する。

FCXクラリティは、ホンダ独自開発の燃料電池スタック「V Flow FCスタック」技術を核に、燃料電池車だからこそできるデザイン、パッケージ、ドライブフィールを実現する。

米国では今夏、日本では今秋からリース販売する予定だ。

FCXクラリティのオフィシャルカーは、INDY JAPANの決勝スタート時に、18台のレーシングマシンの隊列を先導するほか、ツインリンクもてぎのパドック内でも展示する。

《レスポンス編集部》

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめのニュース