【スバル フォレスター 開発者にきく】4速ATのウイークポイントを払拭

自動車 ニューモデル 新型車
【スバル フォレスター 開発者にきく】4速ATのウイークポイントを払拭
  • 【スバル フォレスター 開発者にきく】4速ATのウイークポイントを払拭
  • 【スバル フォレスター 開発者にきく】4速ATのウイークポイントを払拭
  • 【スバル フォレスター 開発者にきく】4速ATのウイークポイントを払拭
  • 【スバル フォレスター 開発者にきく】4速ATのウイークポイントを払拭
スバル『フォレスター』のトランスミッションは4速ATと5速MTが設定されている。MTはともかく、ATはCVTや5速ATが主流のこの市場で、4速のままというのは少し寂しい。

その点についてフォレスターの開発責任者を務めた市川和治さんは「CVTが主流の中で4速ATが厳しいのは理解しています。もちろん開発の中で5速ATを搭載することも考えましたが、重量増やコストアップは避けられないので4速ATを熟成させることにしました」

「新型フォレスターの4速ATはファイナルレシオやトルクコンバーターのロックアップ制御の最適化を行ない、高速巡航時の回転数低下を実現し、4速ATの弱点を感じさせないものに仕上がっていると思います」とコメント。

実際にフォレスターのトランスミッションは、4速ATでありながらも100km/h巡航時の回転数は2200rpm程度に抑えられており、優れた静粛性を実現している。この程度の回転数なら燃費もよさそうだ。

それでいながらもギアのステップ比も良好で、とくにハイギヤードなレシオを意識させることなく、発進時から街なかの中速域でもスムーズに走ってくれる。長い坂道を登るようなときや、ちょっとした加速が欲しい場面では、CVTの柔軟性に劣ってしまうが、フォレスターも4速ATは上手く弱点を払拭している。

もちろんCVTのほうが現代のニーズにマッチしているが、フォレスターが割安な価格帯を実現している背景に、この4速ATが大きく貢献していることを考慮すれば納得できるだろう。

 注目の新車は、今いくら? ユーザーアシスタンス
新車見積りのトップページはこちらから
新車見積りトップページのURLをメールで送る。
《岡島裕二》

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめのニュース