【スバル フォレスター 開発者にきく】しなやかで素直なフットワーク

自動車 ニューモデル 新型車
【スバル フォレスター 開発者にきく】しなやかで素直なフットワーク
  • 【スバル フォレスター 開発者にきく】しなやかで素直なフットワーク
  • 【スバル フォレスター 開発者にきく】しなやかで素直なフットワーク
  • 【スバル フォレスター 開発者にきく】しなやかで素直なフットワーク
スバル新型『フォレスター』に乗って最初に感じるのが、乗り心地がよくなっていることだ。従来のフォレスターもストロークのあるサスペンションで快適性は高かったが、どこか緩さがあり静粛性も高いとはいえなかった。

だが、新型はワインディングを走っても、しなやかなロールを伴った素直なハンドリングを見せてくれ、高くなった全高を感じさせない優れた接地感を披露してくれる。

路面の悪い場所では、多少突き上げ感がダイレクトに伝わってしまうこともあるが、コーナリング時や加減速におけるボディの動きには柔軟性がある。

フォレスターの開発責任者を務めた市川和治さんは「新型フォレスターは現行『インプレッサ』から採用されたSIシャシーを採用することで、快適な乗り心地と優れたハンドリングの両立を実現しています」

「また、全高は先代よりも高くなっていますが、パワートレーンの搭載位置を低く設定していますので、腰高感のない自然な操縦性を発揮してくれます。足まわりのセッティングはターボも自然吸気も大きく変えていませんので、全車でこの走りを実感できます」という。

確かに自然吸気もターボも乗り味に大きな違いはなく、タイヤサイズも全車共通だ。200万円前後からの価格帯で、この上質な走りを持ったSUVが買えるのは、非常にリーズナブルといえる。このしなやかな走りこそ、新型フォレスター最大の魅力といえるだろう。

 注目の新車は、今いくら? ユーザーアシスタンス
新車見積りのトップページはこちらから
新車見積りトップページのURLをメールで送る。
《岡島裕二》

この記事はいかがでしたか?

  • いいね
  • 大好き
  • 驚いた
  • つまらない
  • かなしい

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめのニュース