【インプレ'08】松田秀士 トヨタ『ノア/ヴォクシー』走りを語れる5ナンバーミニバン

試乗記 国産車

最近発売された『マークXジオ』や『オーリス/ブレイド』などトヨタのFF車は新しく頑強なプラットフォームになった。しかし、これらは3ナンバーサイズ用。『ノア/ヴォクシー』などの5ナンバー用プラットフォームはこれまでのものを進化させて作り込まれている。

しかし、いざ走りはじめるとそんなことはまったく感じさせないボディの剛性感と静粛性に富んだ室内だ。これなら、プラットフォームからすべて新設計したといわれてもわからないだろう。

ボディがしっかりしているので、サスペンションの動きに無駄がなく、乗り心地とハンドリングのバランスがとてもよく取れている。これだけの背の高さだからそれなりにロールするのだが、ロールの動きが軽すぎず重すぎず、とてもバランスの取れた動きで不安を感じない。

電動パワーステアリングのハンドリングもとても自然。運転が楽しくなるし、下手なミニバンよりもスポーティなドライブが楽しめる。とくにパドルシフトを装備した「Si」は、想像以上によく走りよく曲がった。

■5つ星評価
パッケージング:★★★★☆
インテリア/居住性:★★★★☆
パワーソース:★★★☆☆
フットワーク:★★★★☆
オススメ度:★★★★☆


松田秀士|モータージャーナリスト
GTでフェラーリを駆る現役レーサー。INDY500やルマンなど海外レースにも積極的にチャレンジする。すでに49歳が目前という年齢ながら、まだまだ走る。モータージャーナリスト活動にも積極的。日本カーオブザイヤー選考委員。
《松田秀士》

編集部おすすめのニュース

レスポンスコメント欄(β)開設!ぜひ気になる記事にコメントしてください

おすすめの商品

特集