ポルシェ、モータースポーツ用に2つのRSスパイダーを設定

モータースポーツ/エンタメ モータースポーツ

ポルシェAGは、2008年のモータースポーツシーズンに向けて、仕様の異なる2つの『RSスパイダー』を設定したと発表した。

アメリカン・ルマン・シリーズ(ALMS)のレギュレーションは、LMP2クラスに属するスポーツプロトタイプの最低車両重量がこれまでの775kgから800kgに引き上げられた。このため、昨年の同シリーズのLMP2クラスで全タイトルを独占し、12レース中8度の総合優勝も飾ったRSスパイダーは、レギュレーションに合わせて重量を増加させた。

また、ルマン24時間耐久レースやルマン・シリーズ(LMS)のレースでは、LMP2クラスに参戦するマシンの重量を825kg以上と定めているため、RSスパイダーは車両重量をさらに増加する必要がある。これと同時にLMP1クラスの重量制限が25kg下方修正されて900kgとなったほか、LMP2クラスの燃料タンクについては、昨年よりも容量が10リットル少なく規定され80リットルとなっている。

ポルシェのモータースポーツ部門の責任者、ハルトムート・クリステン氏は「LMP2のマシンはLMP1のマシンに比べて、依然、200PS以上もパワーが劣る。欧州では従来150kgあった2つのクラスの重量差も、その差はわずか75kgへと半減し、燃料タンクの容量が小さくなったことにより1000kgの距離を走破する通常のLMSのレースでは、給油回数が最低1回は増えることになる」という。

「これによりRSスパイダーで参戦する欧州のプライベートチームは、LMP1のチームに対して大きなハンデを背負うことになる」

「また、ALMSの場合も、25kgの重量増加は2008年のシーズンにおけるRSスパイダーの総合優勝を難しくしているのは事実だが、コースによってはLMP2カーがはるかにパワフルなLMP1カーを激しく追い上げる様子を見ることができるだろう」としている。
《レスポンス編集部》

編集部おすすめのニュース

レスポンスコメント欄(β)開設!ぜひ気になる記事にコメントしてください

おすすめの商品

特集