【リコール】日野プロフィアのエンジンリターダ

エコカー 燃費

日野自動車は22日、普通トラック『プロフィア』のエンジンリターダ(圧縮開放ブレーキ)に不具合があるとして、国土交通省にリコール(回収・無償修理)を届け出た。

対象となるのは、2007年5月7日から同年12月13日に製作された34型式計938台。

エンジンリターダにおいて、エキゾーストバルブの作動範囲が過大となりピストンと干渉し、原動機の異音または異常振動が発生することがある。そのまま使用を続けると、エキゾーストバルブが破損して、最悪の場合、原動機が停止し、再始動できなくなる恐れがある。

不具合件数は24件で、市場からの情報で発見した。事故は起きていない。
《レスポンス編集部》

編集部おすすめのニュース

特集