ホンダ、CBR600RRレースベース車を発売

モータースポーツ/エンタメ モータースポーツ

ホンダは、スーパースポーツバイク『CBR600RR』の2008年型欧州向け仕様車をベースとしたロードレース専用車『CBR600RRレースベース車』を28日から発売すると発表した。

CBR600RR レースベース車は、2007年にフルモデルチェンジし、鈴鹿4時間耐久レースでの優勝や、全日本ロードレース選手権「ST600クラス」でチャンピオンを獲得するなど、数々のレースで活躍したマシン。

全日本ロードレース選手権や地方選手権の活性化を目的に販売しているCBR600RR レースベース車は、CBR600RRの欧州向け仕様車をベースに灯火器類を取り外し、フロントブレーキ、メーター、ECU(電子制御ユニット)などをレース専用に変更した。

前・後タイヤには、レース用タイヤを標準装備し、レースでの戦闘力を高めながら、価格アップを抑え、幅広いユーザーがレースに参戦できるようにしたサーキット走行専用車両。

車体色は、ブラック1色の設定で、今回は2007年型レースベース車に対し、前後サスペンションダンパー設定、ECUセッティング、標準装着されるレース用タイヤをより最適化した仕様に変更している。

価格は101万3250円。
《レスポンス編集部》

編集部おすすめのニュース

レスポンスコメント欄(β)開設!ぜひ気になる記事にコメントしてください

おすすめの商品

特集