【ブリヂストン Playz RV 発表】ふらつき感なく、シャープな反応

自動車 ニューモデル 新型車

【ブリヂストン Playz RV 発表】ふらつき感なく、シャープな反応
  • 【ブリヂストン Playz RV 発表】ふらつき感なく、シャープな反応
  • 【ブリヂストン Playz RV 発表】ふらつき感なく、シャープな反応
  • 【ブリヂストン Playz RV 発表】ふらつき感なく、シャープな反応
栃木県は那須にあるブリヂストンのテストコースで新しい『Playz(プレイズ)RV』のテスト走行を行なった。

興味深かったのは急激な車線変更のテストだ。高速道路で走行中に30mの範囲で隣の車線にレーンチェンジするという想定だ。高速道路の車線を分けている白線の長さは8m、空白が12mだから、最初の白線の始まりからつぎの白線の終わりまでで28mということを考えると、この間に80km/hや100km/hで車線変更するということは実際の高速道路ではシビアな状況だ。

テスト車両はトヨタ『ノア』で195/65R15 91Hというタイヤサイズ、フル乗車と同じ重量になるように全座席に砂袋がシートベルトでくくりつけられていた。

はじめは『BスタイルRV』でテストした。このタイヤはハンドル直進付近の鈍さを感じた。少し切り込むと反応はよくなるが、2段階の応答性である。それによりレーンチェンジ後のロールの大きさ、戻るときの反動の強さからふらつきを生じていた。

つぎは既存のセダン用『プレイズPZ-1』でテスト。このタイヤは応答性が鈍めで割りと大きく切る必要がある。切り込んだところでも2段階の応答性ではないのでクセはなく、急激なレーンチェンジでも安定感があった。鈍さによって悪いところを出さないようにしている感じだ。

そして今回の本題であるプレイズRV(PRV-1)だ。直進時のハンドル中央付近、ほんの狭い範囲での無感帯は感じられたが悪い影響はない。そこから切ったときにはPZ-1よりシャープに反応するからドライバーが希望するラインに乗せやすい。

レーンチェンジの際、グリップ力のしっかり感は印象的。ロール角もあまり大きくならず、ロールからの戻りもゆっくりだからふらつく感じにはならない。テストコースでプレイズRVはかなり好感のもてるタイヤだ。
《こもだきよし》

編集部おすすめのニュース

特集