【ブリヂストン Playz RV 発表】ミニバン専用の「らくドラ」登場

自動車 ニューモデル 新型車

【ブリヂストン Playz RV 発表】ミニバン専用の「らくドラ」登場
  • 【ブリヂストン Playz RV 発表】ミニバン専用の「らくドラ」登場
  • 【ブリヂストン Playz RV 発表】ミニバン専用の「らくドラ」登場
  • 【ブリヂストン Playz RV 発表】ミニバン専用の「らくドラ」登場
  • 【ブリヂストン Playz RV 発表】ミニバン専用の「らくドラ」登場
  • 【ブリヂストン Playz RV 発表】ミニバン専用の「らくドラ」登場
  • 【ブリヂストン Playz RV 発表】ミニバン専用の「らくドラ」登場
  • 【ブリヂストン Playz RV 発表】ミニバン専用の「らくドラ」登場
「運転がラクになる」という新しいアプローチで構築され、ブリヂストンのメインストーム位置するタイヤ『Playz』(プレイズ)に、ミニバン用に最適化された『Playz RV』が発売された。

プレイズは、ブリヂストンが団塊ジュニア向けに企画したタイヤで、キーワードはズバリ「らく」。グリップが強いスポーツタイヤとは反対の性格付けだ。乗り心地がよく、音が静かで快適なだけでなく、運転も「らく」にできるというのが、その特徴である。

運転が「らく」というのは、緊張を強いることのないストレスフリーな環境を作ること。路面の凹凸によるハンドルのふらつきが出にくく、切ったときには反応が過敏でなく、その切り角に応じた素直な応答性を目指している。

これまでのプレイズPZ-1は、セダン、ワゴン、コンパクトカーをターゲットにして開発されていたが、プレイズRVはネーミングが示すとおり、ミニバン向けにチューニングされている。クルマのタイプ別販売占有率を見ると、ミニバンは2004年にセダンを抜いてトップカテゴリーになり、2007年では30%のシェアを占める大きなマーケットに成長。専用開発化へのニーズも高まってきたのだ。

ミニバン専用タイヤにとっての「らく」は、直進安定性とふらつき防止が開発のテーマになっている。また特有の現象ともいえるタイヤの偏磨耗も少なくしている。ミニバンの場合、ひとりで乗るケースもあれば7〜8人という定員乗車で乗ることもある。そんな荷重の変化にも対応できる設計になっているのが特徴だ。

トレッドパターンも内部構造も左右非対称である。内側のパターンはふらつき抑制のためにしっかりとしたリブパターンになっている。中央は正確な応答性のためのデザインで、外側はコーナリングに備えた強いブロックパターンだ。

ブリヂストンのミニバンやRV向けタイヤとしてはスタンダードレンジの『BスタイルRV』とプレミアムレンジの『レグノGRV』があったが、プレイズRVはその中間を埋める位置づけにもなる。

今年のプレイズシリーズの訴求テーマは、「らくonらく」。プレイズがもっとプレイズらしく成長しそうだ。
《こもだきよし》

編集部おすすめのニュース

特集