【東京オートサロン08】ゼル、GT-R 用パーツを2月に発売

自動車 ニューモデル モーターショー

【東京オートサロン08】ゼル、GT-R 用パーツを2月に発売
  • 【東京オートサロン08】ゼル、GT-R 用パーツを2月に発売
  • 【東京オートサロン08】ゼル、GT-R 用パーツを2月に発売
  • 【東京オートサロン08】ゼル、GT-R 用パーツを2月に発売
  • 【東京オートサロン08】ゼル、GT-R 用パーツを2月に発売
  • 【東京オートサロン08】ゼル、GT-R 用パーツを2月に発売
ゼル・インターナショナルは、同社が運営する日産『GT-R』ファンのためのコミュニティサイト「@R(アットアール)」ブランドで、東京オートサロンに出展した。

メインの展示は、オレンジにオールペイントされたGT-R。同社が国内総代理店をしているハリソン製のパーツを6種類装着したGT-Rだ。事前の告知は控えめだったため、当初の注目度は低かったが、開けてみれば、エアロ系は出展チューニングメーカー中で1、2を争う作り込みだった。

装着されたパーツは、「フロントエアロバンパー」、「カーボンフロントスポイラー」、「ガーボングリル」、「カーボンNACAダクト」、「カーボンサイドスカート」、「カーボンリアアンダースポイラー」。フロントスポイラー、サイドスカート、リアアンダースポイラーの製品版は、カーボンNACAダクトと同様にクリアと総仕上げになる。

特にフロント部分は違いがわかりやすい。ライトの下にエアインテークが設けられ、リップスポイラーの角が出ている。サイドスカートも目立つ形で横に張り出し、リアスポイラーも脇に角が出ている感じだ。オリジナル感を残しながらも、自己主張が強くなっているデザインである。

同社代表取締役の鎌田聡氏は、「自信があります。この短期間でここまで作り込めたところは、ほかに1、2社しかないと思います」とコメント。パーツの発売時期に関しては、カーボンNACAダクトとカーボングリルが2月を予定、そのほかは5月の発売を予定している。今回出展したメーカーの中で、2月に発売するところはほかにはなく、他社より先んじているところが、同社の特徴だ。
《デイビー日高》

編集部おすすめのニュース

特集