BMWザウバー、ニューマシン発表

モータースポーツ/エンタメ モータースポーツ

BMWザウバーF1チームが月曜日、ニューマシン「F1.08」を発表した。

昨シーズン、全てのレースでポイントを上げるなど、着実な進歩を見せたBMWザウバー。3年目となる今シーズンの目標はもちろん念願の初優勝。そのためチームはリスクを冒すことなく、大成功に終わった「F1.07」をベースにすることを選択した。

「だからこそわれわれは革命ではなく、進化を選択した。革新的な進化だ。エアロダイナミクスを劇的に向上させたことと、安定したエアロバランスを同時に目指したマシン作りが行われた。ターンインするときもダウンフォースが失われないため、ドライバーにより自信を与えられるはずだ。さらにタイヤのポテンシャルをフルに引き出せるようメカニカルグリップをアップさせ、数多くのコンポーネントの軽量化に務めた」とマシンについて説明したウィリー・ランプ(テクニカルディレクター)。

ニック・ハイドフェルドは、「僕の目標は今年こそ念願を達成し、初勝利を母国に持ち帰ること。僕は常に表彰台の頂上に登りたい。でもその前にチームとしてそこにたどり着くことが重要。必ずやってくるチャンスを掴みたい」と語った。
《編集部》

編集部おすすめのニュース

レスポンスコメント欄(β)開設!ぜひ気になる記事にコメントしてください

おすすめの商品

特集