世界に2台 アウトウニオン タイプDを公開 1月15日から

モータースポーツ/エンタメ モータースポーツ

アウディジャパンは、アウディのブランドショールーム「アウディフォーラム東京」に、世界で2台のみ現存する伝説のレーシングカー1938年型アウトウニオン「タイプD」レーシングカーを15日から一般公開する。展示は6月末までの予定。

今回、日本初の展示となるこの1938年型タイプDは、1939年型と合わせて世界で2台のみ現存する伝説のレーシングカーの1台。これら2台は、第二次世界大戦終戦直後に旧ソ連軍が、当時のアウトウニオンの拠点であったツヴィッカウ(旧東ドイツ)から旧ソビエト連邦へ運び出した。

アメリカ人のポール・カラシック氏が、1980年代に10年以上の歳月をかけて、2台のタイプDの所在を調査したところ、旧ソ連で完全に分解され、バラバラの状態で発見された。カラシック氏は、これらを運び出し、英国のスペシャリストにレストアを依頼。アウディAGは、このレストア作業を技術面でサポートした。

その後、アウディAGは今回展示する1938年型を買い取り、1939年型は個人オーナーの手に渡った。

モータースポーツシーンを席巻したレーシングカーのアウトウニオン「シルバーアロー」が活躍していた1930年代、1938年型タイプDは、同年のレーシングシーズンに備えて、ロベルト・エーバーラン・エーバーホルスト氏率いるアウトウニオンのエンジニアによって開発された。

タイプDの12気筒エンジンは、レギュレーションの改訂に対応し、排気量が3リットルに抑えられている。しかし、マシンの基本ハードウエアは、フェルディナンド・ポルシェ氏がアウトウニオンのために設計・開発したV16エンジンのタイプCを踏襲している。

アウトウニオンは、このタイプDにより、1938年のイタリアおよび英国GPを制した。
《レスポンス編集部》

編集部おすすめのニュース

レスポンスコメント欄(β)開設!ぜひ気になる記事にコメントしてください

おすすめの商品

特集