【CES 08】HD DVD vs ブルーレイ

自動車 テクノロジー カーナビ/カーオーディオ新製品

次世代ビデオディスクは、ブルーレイ(BD)とHD DVDとで激しいシェア争いが繰り広げられている。

昨年はパラマウントがHD DVDのみでソフト販売を行うことを決めたが、年が明けるとすぐにワーナーがBDのみでの販売を決定。今のところ、全体としてはBD有利との観測が流れ始めているが、互いに一歩も譲らない構えでいることに変わりはない。

そんな中で、あまり目立った動きがなかった車載モデルだが、2008CESではアルパインが一歩踏み出した動きを見せた。昨年のHD DVD試作機に続き、今年はHD DVDプレーヤーと、HD DVD対応ナビの二つの試作機を展示したのだ。

HD DVDプレーヤーは1280×720の解像度を持つモニターとの組み合わせでデモンストレーションを行い、ナビはHD DVDならではの大容量を活かした新たな展開を踏まえての展示となっていた。アルパインによれば「HD DVDに決めたというわけではなく、ユーザーの要望に応える形でどちらでも対応できる準備は進めている」としているが、昨年に引き続き、ここまで車載器で具体的対応を行っているのはアルパインだけ。

松下も2008CESのBDアソシエーション・ブースにおいて、昨年の東京モーターショーでデモを行った試作機の展示は行ってはいたが、そのボディサイズはとても車載として対応できるものではない。家庭用でのHD化が急速に進む同時に、車載での地デジが普及する中、そろそろ車載器でも次世代ディスクへの対応が急がれるところだ。
《会田肇》

編集部おすすめのニュース

レスポンスコメント欄(β)開設!ぜひ気になる記事にコメントしてください

おすすめの商品

特集