軽自動車首位争い、ダイハツが念願のトップ…07年暦年ベース

自動車 ビジネス 企業動向

全国軽自動車協会連合会が発表した2007年のブランド別軽自動車販売台数によると、ダイハツが前年比2.3%増の61万5159台、スズキが同3.3%減の59万1391台となった。2006年度(2006年4月-2007年3月)に続いて、暦年ベースでもダイハツがシェアトップとなった。

ホンダは同21.4%減の22万3855台と大幅マイナスで、シェアは前年と比べて3ポイントマイナスだった。シェア4位は日産で、同11.5%増の15万187台だった。

三菱自動車は同22.9%減の14万2450台と大幅マイナス、スバルが同7.4%減の14万0989台と僅かな差に迫っている。

マツダは同1.9%増の5万5718台だった。
《レスポンス編集部》

編集部おすすめのニュース

レスポンスコメント欄(β)開設!ぜひ気になる記事にコメントしてください

おすすめの商品

特集