ケンウッド、フロントにAUX端子を搭載した1DIN CDレシーバーを発売

自動車 テクノロジー カーナビ/カーオーディオ新製品

ケンウッド、フロントにAUX端子を搭載した1DIN CDレシーバーを発売
  • ケンウッド、フロントにAUX端子を搭載した1DIN CDレシーバーを発売
ケンウッドは、フロントパネルにAUX端子を搭載することで各種ポータブルオーディオ製品との簡単接続を実現するとともに、AUX端子部にスライドカバー&ポートイルミネーションを採用することで高級感を演出した1DIN CDレシーバーの新製品『E333』を1月中旬から発売すると発表した。

E333は、様々なポータブルオーディオを接続可能なAUX端子をフロントパネルに装備する。ポータブルオーディオをステレオミニプラグケーブル(別売)で接続することで、お気に入りの音楽を車室内で簡単に楽しむことができる。

また、別売の『iPod』インターフェースユニット『KCA-iP501』(価=1万500円)を用いることで、iPodに収録した楽曲の再生だけでなく、さまざまな操作をE333で行うことができる。

さらに、CDプレーヤー部は、圧縮ファイルMP3/WMA/AACに対応するとともに、圧縮の際に失われた高音域部分を補間する同社独自の帯域補間技術「Supreme」を搭載し、圧縮された音楽データも高音質で再生する。

価格は1万7850円。
《レスポンス編集部》

編集部おすすめのニュース

特集