三菱自動車、インドネシア事業会社を再編

自動車 ビジネス 企業動向

三菱自動車、P.T.Krama Yudha(KY)、三菱商事、三菱ふそうトラック・バスは、インドネシアのP.T.Krama Yudha Tiga Berlian Motors(KTB)とP.T.Mitsubishi Krama Yudha Motors and Manufacturing(MKM)の新たな資本構成について合意し、出資手続が完了したと発表した。

今回の合意で、三菱ふそうはKTB、MKMにそれぞれ新たに出資し、三菱自動車は保有するMKMの株式を三菱ふそうに譲渡するとともに、KTBの一部の株式を取得する。

KTB、MKMの新たな出資構成によると、KTBは、MC Automobile Holding Asia B.Vが40%、KYが40%、三菱ふそうが18%、三菱自動車が2%。MKMは、三菱商事が32.28%、三菱ふそうが32.28%、KTBが17.22%、KYが18.22%となる。

KTB、MKMの新たな資本構成で、インドネシアでの三菱自動車の乗用車、三菱ふそうのトラック・バスの製造・販売に関する各社がそれぞれの事業の発展を目指す。

KTBは、三菱自動車、三菱ふそう商品のインドネシアでの販売会社で、MKMは両社の現地生産車両の部品製造会社。

三菱自動車は、インドネシアをアセアン地域の最重要市場の一つとして位置付けており、過去5年間の総販売台数は20万台を超える実績がある。特に小型商用車セグメントでは30%超のシェアを確保している。

新体制で、三菱自動車は、現地生産する小型商用車とタイから輸入する乗用車とピックアップトラックの販売を通じてインドネシア事業を強化するとともに、今後市場ニーズにマッチした新商品の投入で商品ラインナップを拡充、事業基盤の拡大を目指す。
《レスポンス編集部》

編集部おすすめのニュース

特集