日産 マーチ 25周年、懐かしのカラー3色を復刻

日産自動車は、『マーチ』の発売25周年を記念し、人気ボディカラーの復刻限定仕様車「12Eリミテッドカラー」、「14E FOUR リミテッドカラー」を9日から発売開始した。インターネットで台数限定で予約を受付ける。

自動車 ニューモデル 新型車
日産 マーチ 25周年、懐かしのカラー3色を復刻
  • 日産 マーチ 25周年、懐かしのカラー3色を復刻
  • 日産 マーチ 25周年、懐かしのカラー3色を復刻
  • 日産 マーチ 25周年、懐かしのカラー3色を復刻
日産自動車は、『マーチ』の発売25周年を記念し、人気ボディカラーの復刻限定仕様車「12Eリミテッドカラー」、「14E FOUR リミテッドカラー」を9日から発売開始した。インターネットで台数限定で予約を受付ける。

マーチは、1982年に初代モデルを発売してから、今年で25年目となる。現在の3代目(K12型)マーチは、2002年の投入時からすでに合計28色のボディカラーを採用してきた。このうち16色が現在は生産を終了している。

同社では、マーチ誕生25周年を記念し、「マーチ12E」、「マーチ14E FOUR(寒冷地)」をベースに、生産終了色のうち、これまでに復活要望の高かった「ショコラ(PM)1」、「パプリカオレンジ(M)」を復刻する。加えて、今年8月3日から8月31日まで、インターネット上で人気カラーの投票を実施したが、最も得票数の多かった「アクアブルー(TPM)」の計3色の復刻限定仕様車を設定し、各色250台、合計750台を限定発売する。

価格は12Eリミテッドカラーが126万円。
《レスポンス編集部》

編集部おすすめのニュース

特集