【WRCラリージャパン】田口勝彦、三菱ランエボ で参戦

モータースポーツ/エンタメ モータースポーツ

26−28日に北海道・十勝地方で2007年FIA世界ラリー選手権(WRC)第14戦「ラリージャパン」が開催され、田口勝彦選手が三菱『ランサーエボリューションIX』グループN仕様で「チームPIAAラリーアート」から出場する。

競技は26日十勝地方の林道を主体に開催され、総走行距離は1575.79km、うちSSは27か所で350.19kmのオールグラベルコースとなっている。

田口選手はWRCラリージャパンに過去3回とも出場し、04年は第3レグでエンジントラブルによりリタイアした。05年も第1レグでコースアウトし、リタイアを喫した。昨年は第1レグのSS5、SS6でグループNベストタイムをマークした後、SS7でフロントをヒットさせリタイアしたが、PWRCレギュラードライバーを相手にグループN上位を走る活躍を見せた。
《》

編集部おすすめのニュース

特集