普通トラック販売、駆け込み登録の反動で大幅マイナス…9月

自動車 ビジネス 企業動向
トラック業界がまとめた9月の普通トラックの販売台数は、前年同月比35.4%減の1万0102台と、大きく落ち込んだ。

9月以降、新短期排出ガス規制の登録ができなくなり、8月までに駆け込みで登録があった反動で大幅マイナスとなった。

メーカー別では、日野自動車が同24.1%減の3470台で、シェアは前年同月よりも5ポイントアップして34.3%となった。いすゞは同33.9%減の3162台でシェアはほぼ横ばい。

シェアを大きく下げたのは三菱ふそうと日産ディーゼル。三菱ふそうは同40.6%減の1992台、シェアはマイナス1.8ポイント、日産ディーゼルは同49.3%減の1478台とほぼ半減し、シェアはマイナス4.1ポイントだった。
《レスポンス編集部》

編集部おすすめのニュース

特集