日産、ITSでスリップ地点情報を提供…実証実験

自動車 テクノロジー ITS
日産、ITSでスリップ地点情報を提供…実証実験
  • 日産、ITSでスリップ地点情報を提供…実証実験
日産自動車は、ITSを活用し、寒冷地のスリップ事故低減を目指す「スリップ地点情報提供システム」の実証実験を北海道で11月から2008年3月まで実施すると発表した。

同社は2006年10月から神奈川県で、交通環境の情報を利用した交通事故低減と、渋滞緩和を推進する「SKYプロジェクト」の実証実験を一般のユーザーも参加して展開している。

今回の実験も、このSKYプロジェクトの一環として、特に、一般ユーザーが日常の使用過程でシステムの受容性を評価することを目的に実施する。

今回の実験では、スリップ地点付近を走行するドライバーに、カーウイングスの通信によって収集した車両の走行位置やABS作動によるスリップ発生等のプローブ情報から把握した、最新のスリップ地点情報を提供する。

また、これらのスリップ地点情報を蓄積、統計化してスリップ地点情報として提供する。さらに、昨年スリップ事故が発生した地点の情報も提供する。これらの情報はナビゲーションの画面上に表示し、あわせて音声でも警告する。

2007年10月からカーウイングス会員を対象に参加者を募集し、札幌周辺で100台規模の参加を見込んでいる。

今回の実験は、北海道警察本部の協力を得て進める。プローブ情報によるスリップ地点把握の可能性を検証するとともに、スリップ地点情報提供によるドライバーの安全運転への有効性を検証する。

同社は、北海道で効果を検証して成功事例を築き、これを広く普及していきたいとしている。
《レスポンス編集部》

編集部おすすめのニュース

Response.TV
  • 動画
  • 動画
  • 動画
  • 動画

特集

おすすめのニュース