【歴代 ランドクルーザー 写真蔵】55型…海外でのイメージを決定づけた

自動車 ニューモデル 新型車

【歴代 ランドクルーザー 写真蔵】55型…海外でのイメージを決定づけた
  • 【歴代 ランドクルーザー 写真蔵】55型…海外でのイメージを決定づけた
  • 【歴代 ランドクルーザー 写真蔵】55型…海外でのイメージを決定づけた
  • 【歴代 ランドクルーザー 写真蔵】55型…海外でのイメージを決定づけた
  • 【歴代 ランドクルーザー 写真蔵】55型…海外でのイメージを決定づけた
1967年、ステーションワゴンタイプのトヨタ『ランドクルーザーFJ55V』が登場、北米で「ムース(へら鹿)」という愛称を与えられたスタイリングは、ランドクルーザーとして初めて工業デザイナーによってデザインされた。 

1960年代半ば、北米では一般の人たちのレジャー用ビークルとして四駆が使われるようになっていた。FJ55V発売当時のセールスコピーは「ビジネスからレジャーまで乗り回せる新しいタイプの乗用車とお考えください。」となっていた。
《》

編集部おすすめのニュース

特集