8月新車販売3団体…マイナス続く、ホンダが5位転落

自動車 ビジネス 企業動向
8月新車販売3団体…マイナス続く、ホンダが5位転落
  • 8月新車販売3団体…マイナス続く、ホンダが5位転落
日本自動車販売協会連合会、全国軽自動車協会連合会、日本自動車輸入組合が発表した8月の新車販売台数は前年同月比3.3%減の34万7307台となり、マイナスだった。登録車、軽自動車ともに販売が伸びなかった。

ブランド別では、トヨタ、日産、スズキ、三菱自、レクサスが前年同月を上回った。トヨタは新型車効果で、同2.5%増の10万2056台と、1年ぶりにプラスとなった。日産は同4.3%増の4万7791台と2位、3位はスズキで同1.9%増の4万3598台だった。

ダイハツは同4.8%減の3万7448台ながら4位だった。ホンダは同19.6%減の3万6785台と大きく落ち込み、5位に転落した。マツダも前年を割り込んだほか、スバルは新型『インプレッサ』を投入したものの、同12.5%減と大きく落ち込んだ。

トラックブランドは排ガス規制特需の反動で、日野、いすゞ、三菱ふそう、日産ディーゼルの4社とも大幅に落ち込んだ。
《レスポンス編集部》

この記事はいかがでしたか?

  • いいね
  • 大好き
  • 驚いた
  • つまらない
  • かなしい

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめのニュース