富士重と東京電力の電気自動車の実証実験に神奈川県も参加

自動車 ニューモデル 新型車

富士重工業と東京電力は、9月から東京電力の業務用車両として電気自動車の実証試験を共同実施しているが、今回新たに神奈川県が実証試験に参画すると発表した。

具体的には、富士重と東京電力が製作した電気自動車スバル『R1e』をベースにした実証試験車両をモデル車両として、神奈川県が業務で活用する予定だ。

実証実験は9月6日から2008年3月31日まで。県庁や県の出先機関が電気自動車の実証試験車両を現地調査業務で利用してもらい、利用の際の各種データを提供してもらう。また、神奈川県が行う各種イベントでの展示や体験乗車に活用してもらう。

9月6日の午前10時に神奈川県新庁舎で実証試験車両の引渡しを行う予定だ。
《レスポンス編集部》

編集部おすすめのニュース

レスポンスコメント欄(β)開設!ぜひ気になる記事にコメントしてください

おすすめの商品

特集