首都圏のカーシェアリング、100拠点 200台体制へ オリックス

自動車 テクノロジー ITS

オリックス自動車は10日、同社が展開するカーシェアリング事業で、今秋、首都圏エリアのステーション数を45拠点から100拠点へ、車両数は73台から200台へと大幅に拡大すると発表した。

今回新設するステーションはレンタカー店舗を核として展開する。オリックス自動車では、短時間利用に適したカーシェアリングと長時間や数日間の利用に適したレンタカーとを組み合わせることで、ユーザーの利便性が高まるものと考えており、レンタカー事業とカーシェアリング事業との連携を強化している。

またオリックス自動車は、東京都道路整備保全公社の駐車場の利用事業者に選定されており、その駐車場も活用する。

首都圏エリアでのステーション展開、特に丸の内エリアでの拡大に合わせ、新ステーションには、カーシェアリング仕様車として三菱『i』(アイ)を配備する。グッドデザイン大賞を受賞した車両を投入し景観に配慮するとともに、価格や利便性が主眼に置かれる軽自動車でのカーシェアリングに、“利用する楽しさ”という価値を加える。また i は低排出ガス基準達成車であり、環境改善にも寄与する。

さらにオリックス自動車は、14日−16日に有楽町の東京国際フォーラムで開催される「丸の内キッズフェスタ」に参加、カーシェアリング仕様車 i を使用したカーシェアリング利用方法のデモンストレーションを行なう。

オリックス自動車のカーシェアリング車両の全保有台数は名古屋エリアを含め約250台となり、業界トップの地位を固める。
《高木啓》

編集部おすすめのニュース

レスポンスコメント欄(β)開設!ぜひ気になる記事にコメントしてください

おすすめの商品

特集