東京いすゞ、イワフジ工業を新明和に売却

自動車 ビジネス 企業動向

東京いすゞは、子会社のイワフジ工業を新明和工業に売却すると発表、本業である商用車の販売・サービスに事業を集中させるためとしている。

東京いすゞはイワフジに79.77%出資する筆頭株主。新明和は13億5000万円でイワフジを買収する。

イワフジは、林業機械の製造・開発を目的に岩手富士産業として設立、東証2部にも上場したが、経営悪化から会社更生法による更正手続き申立てを行い、1971年に上場廃止となった。

東京いすゞがスポンサーとして経営再建に乗り出し、1980年に更正手続きを終了した。その後、東京いすゞは、社名変更したイワフジを子会社化した。

イワフジは再び業績不振となっており、2003年には東京いすゞを引き受け先とする第三者割当増資を実施した。
《レスポンス編集部》

編集部おすすめのニュース

レスポンスコメント欄(β)開設!ぜひ気になる記事にコメントしてください

おすすめの商品

特集