新日本石油、ベネズエラから初の原油をスポット調達

自動車 ビジネス 企業動向

新日本石油は、三井物産、丸紅が、ベネズエラ国営石油から共同で引き取った「サンタ・バーバラ原油」の一部を購入すると発表した。

サンタ・バーバラ原油は、ガソリンや中間留分など付加価値の高い留分が多く含まれる高品質の軽質原油で、新日本石油がサンタ・バーバラ原油を購入するのは、今回が初めて。

ベネズエラ国政石油から三井物産・丸紅が引き取る200万バレルのうち、50万バレルを購入するもので、8月中旬にベネズエラを出航して、9月下旬から10月初旬に日本へ到着する予定。

ベネズエラは世界第8位の原油生産国で、同国の100%国有石油会社であるベネズエラ国営石油は、現状日量240万バレルの原油を生産している。。今回は、スポットでの購入となるが、今後も、需要や採算性などを判断したうえで、他の油種と同様に購入を検討する。
《レスポンス編集部》

編集部おすすめのニュース

レスポンスコメント欄(β)開設!ぜひ気になる記事にコメントしてください

おすすめの商品

特集