バスターミナルではねられ死亡

自動車 社会 社会

7月29日午前、東京都渋谷区内のJR渋谷駅西口バスターミナルで、バス乗り場に向かって進行していた東急バスが運行する路線バスが、ターミナル内を歩いていた女性をはねた。女性は病院に収容されたが、間もなく死亡している。

警視庁・渋谷署によると、事故が起きたのは7月29日の午前9時15分ごろ。渋谷区道玄坂1丁目付近のJR渋谷駅西口バスターミナルで、降車場から乗り場に向かって進行していた東急バスが運行するバスが、ターミナル内を歩いていた70歳代の女性をはねた。

バスは衝突に気づかずにそのまま進行。女性はすぐに助けだされて近くの病院に収容されたが、全身を強打したことが原因で間もなく死亡している。警察ではバスを運転していた30歳の男を自動車運転過失傷害の現行犯で逮捕。女性死亡後は容疑を同致死に切り換えて調べを進めている。

死亡した女性はバスの左側前方で転倒。バスからは死角になりやすい位置だったこともあり、調べに対して運転手は「他のバスからクラクションを鳴らされるまで(衝突したことは)わからなかった」などと話しているようだ。
《石田真一》

関連ニュース

レスポンスコメント欄(β)開設!ぜひ気になる記事にコメントしてください

特集

おすすめの商品