【トヨタ ヴォクシー/ノア 新型発表】発売後1か月の受注が目標の3.7倍

自動車 ビジネス 企業動向

トヨタ自動車は31日、新型『ヴォクシー/ノア』の発売後1か月の受注が、月間販売目標の3.7倍にあたる3万7000台になったと発表。「大変好調な立ち上がり」としている

新型ヴォクシー/ノアは6月27日に発売。7月26日までの受注台数は、ヴォクシーが2万500台、ノアが1万6500台となった。月間販売目標は、それぞれ5000台で合計1万台に設定している。

同社では、快適で使いやすい室内、充実した装備に加え、快適な走り、優れた環境性能など機能性能の高さが高い評価を得ているとしている。

特に、ワンタッチスペースアップシート、チャイルドケアモード、乗降しやすい引くステップ、チャイルドグリップなど、女性や子供に使いやすい室内を好評点に挙げている。

また、新開発2.0リットルエンジンとCVTの組み合わせに快適な走り、左右独立温度コントロールフロントオートエアコン、インテリジェントパーキングアシストなどが人気という。
《編集部》

編集部おすすめのニュース

レスポンスコメント欄(β)開設!ぜひ気になる記事にコメントしてください

おすすめの商品

特集