トヨタ、サイド&カーテンエアバッグを全車標準装備へ

エコカー 燃費

トヨタ自動車は、側面衝突時の衝撃を緩和するSRSサイドエアバッグ(フロント席)とSRSカーテンシールドエアバッグを乗用車系車種を対象に、近く発売する新型車以降、全車に標準装備すると発表した。

SRSサイドエアバッグは、車両側方からの衝突時、シートに内蔵されたエアバッグが展開し、乗員の胸への衝撃を緩和する安全装備。SRSカーテンシールドエアバッグは、フロントピラーからルーフサイド部に格納されているエアバッグが乗員頭部の側面でカーテン状に展開し、サイドガラスやピラーなど車内物および電柱など車外物による頭部への衝撃を緩和する。

米国の調査研究によるとSRSサイドエアバッグとSRSカーテンシールドエアバッグによって、側面衝突時の死者が37%低減されると報告されている。日本の側面衝突による重傷事故のうち、73%が頭部や胸部などに傷害を受けており、同社はこれら2つのエアバッグを標準装備して自動車の安全性能を高める。

トヨタは、SRSサイドエアバッグを1996年8月発売の『セルシオ』に採用した。また、SRSカーテンシールドエアバッグは、1998年5月発売の『プログレ』に世界で初めて採用した。以来、衝突事故の際の被害軽減に寄与する装備として、順次、設定を拡大してきた。
《レスポンス編集部》

編集部おすすめのニュース

レスポンスコメント欄(β)開設!ぜひ気になる記事にコメントしてください

おすすめの商品

特集