コンビ、体が自由に動かせるチャイルドシートを発売

エコカー 燃費

コンビは、2012年度に導入されるECEヨーロッパ統一規格を先取りし、開放感のあるハーネスタイプのベルトを採用したチャイルドシート『ハーネスフィットロング』を発売すると発表した。

新生児のチャイルドシート着用率は72.4%だが、1−4歳児は51.0%と低い原因に、子どもがチャイルドシートを嫌がることがある。

新製品は新生児期と同じ拘束方式で開放感のあるハーネスタイプ(肩ベルト式)を採用、子どもも嫌がらずに新生児タイプのチャイルドシートからの移行が可能としている。また、腹部を覆うものもないため、暑い季節でも快適性が保てるとしている。

さらに、5点式ベルトなため、腹部を圧迫することなく、体が自由に動かせ、ベルトの脱着も簡単としている。デザインは上質なタイプの「エクセレント」と自然な風合いの「ナチュラル」の2つのテイストで展開する。

価格はハーネスフィットロングQWが3万1500円、ハーネスフィットロングLWが2万5200円。
《レスポンス編集部》

編集部おすすめのニュース

特集