日産、メキシコ市場に低価格車を投入へ

自動車 ニューモデル 新型車

日産自動車は、メキシコ市場に小型セダン『アプリオ』を13日から市場投入すると発表した。

同モデルの投入により、メキシコでは、『ツル』、『プラティーナ』とともに、小型セダンのセグメントにおいてシェアアップを目指す。

アプリオは、ルノーの子会社ダチアの「ロガン」をべースに開発した小型車で、ブラジルのルノー・クリチバ工場で生産する。

価格は11万2800ペソ(約128万円)からと低価格に設定した。

アプリオはエンジンが1.6リットル直列4気筒の「K4M」エンジンを搭載、トランスミッションが5速マニュアルで、ボディカラーはグレー、ブラック、ネイビーブルー、シルバー、ワイン、レッド、ベージュ、ホワイトの全8色を設定した。

価格は11万2800ペソ(約128万円)−14万6200ペソ(約166万円)。
《レスポンス編集部》

編集部おすすめのニュース

特集