【マツダ デミオ 新型発表】存在感のあるシルエットを目指した

自動車 ニューモデル 新型車

【マツダ デミオ 新型発表】存在感のあるシルエットを目指した
  • 【マツダ デミオ 新型発表】存在感のあるシルエットを目指した
  • 【マツダ デミオ 新型発表】存在感のあるシルエットを目指した
  • 【マツダ デミオ 新型発表】存在感のあるシルエットを目指した
  • 【マツダ デミオ 新型発表】存在感のあるシルエットを目指した
  • 【マツダ デミオ 新型発表】存在感のあるシルエットを目指した
新型『デミオ』にも盛り込んであるのだが、マツダではクルマをデザインする上で欠かせない要素が存在する。「全モデルに共通して言えることですが、シルエットを重視して私たちはデザインしています」と、マツダデザイン本部 デザイン戦略スタジオ 前田育男チーフデザイナー。

「欧州などで遠くから日本車を見るとキャビンとボディのまとまりが薄く、存在感に欠けます。遠くから見ても存在感のあるデザインに仕上げると、必然的に塊り感のあるシルエットになるのです」

足回りはタイヤを強調する造形になっており、“走り”が強調されているのと同時に、踏ん張り感の効いたたずまいとなっている。また、鋭いエッジによって明暗のコントラストが強調され、遠くから見ても存在感のあるデザインに仕上がっている。
《》

編集部おすすめのニュース

特集