【トヨタ ヴォクシー/ノア 新型発表】より差別化を図ったスタイリング

自動車 ニューモデル 新型車

【トヨタ ヴォクシー/ノア 新型発表】より差別化を図ったスタイリング
  • 【トヨタ ヴォクシー/ノア 新型発表】より差別化を図ったスタイリング
  • 【トヨタ ヴォクシー/ノア 新型発表】より差別化を図ったスタイリング
  • 【トヨタ ヴォクシー/ノア 新型発表】より差別化を図ったスタイリング
  • 【トヨタ ヴォクシー/ノア 新型発表】より差別化を図ったスタイリング
  • 【トヨタ ヴォクシー/ノア 新型発表】より差別化を図ったスタイリング
新型トヨタ『ヴォクシー/ノア』のエクステリアデザインは、ひと目で新型とわかるぐらいに大幅なイメージチェンジが図られている。とくにヴォクシーに関しては、先代のシャープな印象とはガラリと雰囲気が違う押し出しの強いスタイリングに仕上がっている。

新型ヴォクシー/ノアのチーフエンジニアを担当した水澗英紀さんは「新しいヴォクシー/ノアのエクステリアは、さらに幅広いユーザーに興味を持っていただくために、2車の間で先代よりも大きな差別化を図っています」

「ノアは幅広い年齢層に受け入れられる、上質で親しみやすいデザインを採用し、ヴォクシーは主にアクティブなヤングファミリーに的を絞ったクールで個性的なデザインを採用しています。販売比率的には両車で半々ぐらいになると予想しています」

「また、両車に標準ボディのほかにワイドフェンダーと16インチタイヤを装備したエアロモデルを用意しています。エアロは足まわりやパワーステアリングの設定も専用になりますので、スポーティな走りを求めるお客様にも両車で対応できます」という。

実際にノアは先代のイメージを踏襲した質感の高いデザインを採用しているが、ヴォクシーはフロントグリルを覆うような斬新なデザインのボンネットフードを採用し、フロントフェンダー上も膨らみを持つ躍動感のあるスタイルに仕上がっている。

ヴォクシーのエクステリアは写真だと奇抜なデザインに映るが、実車を近くで見ると塊感の強い、まとまりのあるスタイルに仕上げられている。確かにこれなら若い人ならヴォクシーを選びたくなるに違いない。
《岡島裕二》

編集部おすすめのニュース

レスポンスコメント欄(β)開設!ぜひ気になる記事にコメントしてください

おすすめの商品

特集