マツダ、鉄道を利用し部品輸送…CO2削減

エコカー 燃費

マツダは、2日から、鉄道利用を核とした広島-東海地区間のグリーン物流システムを構築、新デザインの専用コンテナによる鉄道往復輸送を開始した。今回の取組みにより同区間の輸送にかかるエネルギーを年間で27%削減する。

マツダは広島-東海地区間のグリーン物流システムの一環として2006年4月から、三重・静岡・岐阜県の取引先部品メーカーを対象とした「マツダミルクランシステム」を順次展開し、同時に広島までトラック輸送をしていた一部の調達部品についても鉄道輸送へ切り替えた。また、サービスパーツについても2006年4月から広島-名古屋間の鉄道輸送を開始している。

今回新たに愛知県下の取引先を対象に鉄道を利用したマツダミルクランシステムを展開する。これに伴ってマツダ専用コンテナを導入し、同コンテナによる広島貨物ターミナル-名古屋貨物ターミナル間の調達部品とサービスパーツの鉄道往復輸送を開始した。

専用コンテナは、全長が31フィートで、コンテナ側面にマツダのブランドシンボルとコーポレートマークを採用したデザインとしている。

今回の広島-東海地区間のグリーン物流の取組みは、物流の環境負荷低減を推進する「グリーン物流パートナーシップ会議」の普及事業として、経済産業省、国土交通省の認定を受け、NEDO技術開発機構のエネルギー使用合理化事業者支援事業として補助金の交付が決定している。また、この普及事業の数値目標として、輸送エネルギー削減率27%を掲げている。

マツダの他に日本通運、マロックス、日本貨物鉄道が今回のグリーン物流の事業者となっている。
《レスポンス編集部》

編集部おすすめのニュース

レスポンスコメント欄(β)開設!ぜひ気になる記事にコメントしてください

おすすめの商品

特集