【トヨタ ヴォクシー/ノア 新型発表】2種類のシートパターンを設定

自動車 ニューモデル 新型車

【トヨタ ヴォクシー/ノア 新型発表】2種類のシートパターンを設定
  • 【トヨタ ヴォクシー/ノア 新型発表】2種類のシートパターンを設定
  • 【トヨタ ヴォクシー/ノア 新型発表】2種類のシートパターンを設定
  • 【トヨタ ヴォクシー/ノア 新型発表】2種類のシートパターンを設定
  • 【トヨタ ヴォクシー/ノア 新型発表】2種類のシートパターンを設定
  • 【トヨタ ヴォクシー/ノア 新型発表】2種類のシートパターンを設定
  • 【トヨタ ヴォクシー/ノア 新型発表】2種類のシートパターンを設定
  • 【トヨタ ヴォクシー/ノア 新型発表】2種類のシートパターンを設定
  • 【トヨタ ヴォクシー/ノア 新型発表】2種類のシートパターンを設定
新型トヨタ『ノア/ヴォクシー』には先代同様に2種類のシートパターンが用意されている。基本となるのが、いざというときに2列目シートをタンブル(折りたたみ)させて自転車などの大きなものでも簡単に乗せることができる「ワンタッチタンブルシート」。

そしてもうひとつはヴォクシーのVとノアのGに標準装備され、ほかのグレードにはオプションで用意されている「ロングスライドマルチ回転シート」だ。回転シートは先代にも用意されていたが、新型では470mmものロングスライドが可能となった。

さらに、チャイルドシート装着時には外側に回転させることで、子供をラクに乗せたり降ろせたりすることができる「チャイルドケアモード」を新たに装備している。

新型ノア/ヴォクシーのチーフエンジニアを担当した水澗英紀さんは「新型ヴォクシー/ノアのシートパターンは先代と同じタイプの2種類を用意していますが、より実際のシーンで使いやすいチャイルドケアモードなどのアレンジを追加しています」

「新型ではワンタッチタンブルシート車も、チャイルドシートの装着時の使い勝手を考慮してセカンドシート中央を折りたたみ式としてウォークスルーを可能としています」という。
《岡島裕二》

編集部おすすめのニュース

特集