目玉はD1マシン、サマーフェスティバル…7月1日

モータースポーツ/エンタメ モータースポーツ

1周1kmのミニサーキットとして知られる本庄サーキット(埼玉県本庄市児玉町高柳)は7月1日、愛車でのタイムアタックや12ccカート大会などを楽しめるイベント「Honjo Summer Festival 2007」を開催する。

同イベントの目玉は、スペシャルゲストのD1ドリフター&モンスターマシンたちだ。D1グランプリに出場する上野高広と斉藤太吾、そしてD1ストリートリーガルに出場する出浦史郎の3名。上野は650psを誇るD1マシン『ソアラ』(JZZ30)にて、斉藤は750psの『マークII』(JZX100)にて、出浦は430psの『シルビア』(S14)にて登場だ。破壊的なまでのモンスターパワーを目の前で堪能できる。

なお、タイムアタックやフリースタイルなどに参加する場合は、入場料2000円+駐車料500円のほかに、参加費1万5000円(見舞金、昼食付き)が必要。ヴィッツミーティングは参加費1万円となっている。参加者1名につき、付き添い1名は入場無料だ。
《デイビー日高》

編集部おすすめのニュース

特集