ダイハツ、中国で新型多目的乗用車 セニア の販売を開始

自動車 ニューモデル 新型車

ダイハツ、中国で新型多目的乗用車 セニア の販売を開始
  • ダイハツ、中国で新型多目的乗用車 セニア の販売を開始
  • ダイハツ、中国で新型多目的乗用車 セニア の販売を開始
ダイハツ工業は、中国の第一汽車集団傘下の一汽吉林汽車と共同で、新型多目的乗用車『セニア』の販売を開始した。21日、中国・吉林市内でセニア(中文名:森雅、英文名:XENIA)のラインオフ式を行なった。

セニアは、インドネシアを中心に好評を博しているダイハツの世界戦略車を、中国市場向けに改良したモデル。生産は、吉林汽車において行ない、販売についても中国全土の吉林汽車の販売網をベースに独自のダイハツ販売網を新たに構築した。

中国市場での多様化するユーザーニーズとコンパクトカーへの期待にこたえ、日常からレジャーまで幅広い用途で使える新しい小型多目的乗用車は、DAIHATSU(大発)ブランドでの初の本格的な販売となる。年間販売台数3万台を目標とし、価格は6万9800−9万8800元(約105万−約148万円)。

最新の「3SZ」型1.5リットルDVVTエンジンを搭載し、7人乗り3列シートながら優れた加速性能と走行安定性を有している。1.5リットルおよび1.3リットルモデルの5人乗り2列シートバージョンを設定している。
《レスポンス編集部》

編集部おすすめのニュース

特集