阪神高速で、距離別割引社会実験…距離別料金制の検討

自動車 テクノロジー ITS

阪神高速道路は、阪神西線で、土休日ETC距離別割引社会実験を6月24日から実施する。

阪神高速道路は、2008年度を目標に、現行の料金圏ごとの均一料金制から距離料金制への移行を目指しており、この社会実験で、利用距離に応じた割引にすることで、ユーザーの利用形態がどう変化するかなど、距離別料金制の検討に必要なデータを収集する。

割引の内容は次の通り。
7km未満:420円
7〜15km未満:450円
15km以上:470円
通常料金:500円均一

阪神南線、東線でもすでに同様の距離別割引社会実験を実施中だ。
《編集部》

編集部おすすめのニュース

特集