マツダ、新型 デミオ の生産開始 宇品第1工場

自動車 ニューモデル 新型車

マツダ、新型 デミオ の生産開始 宇品第1工場
  • マツダ、新型 デミオ の生産開始 宇品第1工場
マツダは、新型『デミオ』(海外名『Mazda2』)の生産開始セレモニーを本社宇品第1工場(U1)で行った。セレモニーには、ロバート・ジェイ・グラツィアノ副社長執行役員をはじめ、役員、組合代表、社員ら約550人が出席し生産開始を祝った。

量産第1号車は国内市場向けで、今夏発売を予定している。

グラツィアノ副社長は挨拶で「新型デミオは、マツダ新世代商品群が新たなステージへ進化していく最初のモデルであり、国内市場にフォーカスして開発した現行車に対し、グローバルに商品競合力のあるクルマを目指して開発した」と語った。

新型デミオは「約100kgの軽量化」を開発の軸とし、クラストップレベルの低燃費を実現する一方で、安全性能の向上を図った。2007年3月初旬のジュネーブモーターショーで欧州仕様車を世界初公開し、続いて4月の上海モーターショーにも出品している。

新型デミオは宇品第1工場(U1)に続いて、6月から宇品第2工場(U2)でも生産を開始し、国内、欧州、オーストラリアなどで順次発売する予定だ。

また、中国市場向けには長安フォードマツダ南京工場で2007年中に生産を開始する予定。
《レスポンス編集部》

編集部おすすめのニュース

特集