横浜ゴム、米国子会社の工場が「ISO14001」取得

エコカー 燃費

横浜ゴムは17日、同社の米国子会社であるヨコハマタイヤ コーポレーション(YTC)のセーラム工場が2007年3月に、環境マネジメントシステムの国際規格である「ISO14001」を取得したと発表した。

横浜ゴムは高度で同質なグローバル環境経営を実行するため、世界中の拠点で同認証の取得を加速化しており、今年の認証取得は「横浜密封材料(杭州)有限公司」「本社機構」に続き、すでに3拠点目となる。

横浜ゴムグループは、昨年4月に発表した新中期経営計画「グランドデザイン100」(GD100)の基本方針のひとつに「トップレベルの環境貢献企業」を掲げ、世界の全拠点、グループ全体での「ISO14001」の認証取得を進めている。

今回の認証取得を加え、現在、国内では全生産拠点11と本社機構、海外では7生産拠点で認証を取得済みで、本年度中には海外の全生産拠点で認証取得を完了する計画。
《高木啓》

編集部おすすめのニュース

特集