VW「TSI」がエンジンオブザイヤーに

自動車 ビジネス 企業動向

VW「TSI」がエンジンオブザイヤーに
  • VW「TSI」がエンジンオブザイヤーに
  • VW「TSI」がエンジンオブザイヤーに
  • VW「TSI」がエンジンオブザイヤーに
  • VW「TSI」がエンジンオブザイヤーに
フォルクスワーゲンは、同社のガソリン直噴ツインチャージャーエンジン「TSI」(排気量1.4リットル、出力103、125kW)が、「International Engine of the Year Awards 2007」の1.0−1.4リットルクラスにおいて、最優秀エンジンに選出されたと発表した。

また、同社のガソリン直噴「2.0 T-FSI」 エンジンが、1.8−2.0リットルクラスで3年連続トップとなった。

フォルクスワーゲンのTSIエンジンは、ガソリン直噴方式、及びスーパーチャージャーとターボチャージャーを組み合わせたツインチャージャー方式を採用し、排気量を1.4Lに抑えるダウンサイジングに成功した。日本市場では現在、『ゴルフ』、『ゴルフトゥーラン』などに搭載されている。

同社では、パワートレイン戦略を担う中核技術として、新たに出力90kWのTSIエンジン、そして世界初の7速「DSG」トランスミッション(小型・中型車横置き搭載可能)を間もなく完成させ、年内にドイツ市場から順次導入していく。
《》

編集部おすすめのニュース

特集