クラリオン中期経営方針…2010年3月期売上高2700億円を目指す

自動車 ビジネス 企業動向
クラリオンは、中期経営方針では、2010年3月期に売上高2700億円、営業利益率5%を目標にする中期経営方針を策定した。

同社は昨年12月、日立製作所の子会社となるとともに、1月に日立の子会社だったザナヴィ・インフォマティクスを子会社化した。このため、日立グループ、ザナヴィグループとの連携を強化する新しい中期経営方針を策定した。

日立との連携を強化し、日立グループが持つ広範囲な先端技術、要素技術に加え、社会インフラへの対応技術、車両情報アービス及びITS統合制御技術を中心とするリソースを活用する。

ザナヴィとは中核であるカーナビゲーションシステムの生産・販売量の大幅な拡大が見込まれるため、共同開発による製品プラットフォームの統一などで、2010年に30%の開発効率向上を狙う。

さらに、共同購買によるコスト低減、グローバルでの生産拠点活用による製造コスト低減、自動車メーカー向けの営業体制を強化する。

シナジー効果を確実にするため、日立、クラリオン、ザナヴィとエイチ・シー・エックス(日立とクラリオンの合弁)の4社で人的交流や事業計画や運営体制の一本化を推進する。
《レスポンス編集部》

編集部おすすめのニュース

  • マツダ新中期計画 市場別の取り組みを策定 画像 マツダ新中期計画 市場別の取り組みを策定
  • スバル新中期経営計画 10年度に営業利益800億円 画像 スバル新中期経営計画 10年度に営業利益800億円
  • スズキ、中期経営計画を見直し…予想以上の成長 画像 スズキ、中期経営計画を見直し…予想以上の成長
  • フォルシアクラリオン、商用車用HDカメラ2機種と7型ワイドHD対応モニター発売へ 画像 フォルシアクラリオン、商用車用HDカメラ2機種と7型ワイドHD対応モニター発売へ
Response.TV
  • 動画
  • 動画
  • 動画
  • 動画

特集

おすすめのニュース