トヨタ、純正ブランドの補修用水性塗料を開発

エコカー 燃費
トヨタ自動車は、日本の自動車メーカーとして初めて補修用水性塗料を純正化(トヨタブランド)することを決定し、今年夏から全国のトヨタ部品共販店を通じて販売を開始する。

トヨタは、2004年から関西ペイント、日本ペイントと自動車補修用水性塗料(カラーベース)の共同開発を進めてきた。

今回開発した水性塗料は、従来の溶剤塗料との比較で約50%の揮発性有機化合物(VOC)削減を達成するなど、環境への負荷や作業者の健康に配慮しながらも仕上り品質は溶剤塗料と同等を確保したとしている。

また、溶剤塗料とほぼ同等の作業工程での補修も可能となっている。さらに、良好な塗装作業性及び乾燥性についても確保できたと、している

トヨタでは、大気汚染や健康への影響が懸念されている浮遊粒子状物質および光化学オキシダントの生成原因物質の一つであるVOCの削減活動に積極的に取組んでおり、すでに、国内4工場9塗装ラインの水性化塗料への対応を完了している。

同社では、自動車補修用塗料についても水性化に取組み、純正化とすることで、更なるVOC削減につながるとしている。

今後は、クリヤーなどの塗料についても水性化を進め、より一層のVOC削減を目指す。
《レスポンス編集部》

編集部おすすめのニュース

  • ヤナセ、補修作業にデュポンの水性塗料を導入 画像 ヤナセ、補修作業にデュポンの水性塗料を導入
  • トヨタの国内ラインで、上塗り工程に水性塗装の導入を完了 画像 トヨタの国内ラインで、上塗り工程に水性塗装の導入を完了
  • BMWジャパンディーラー、整備工場で水性塗料を導入 画像 BMWジャパンディーラー、整備工場で水性塗料を導入
  • ニッサン・グリーンプログラム…VOC削減やリサイクル実効率の向上など 画像 ニッサン・グリーンプログラム…VOC削減やリサイクル実効率の向上など

特集

おすすめのニュース